お母さんのための滲出性中耳炎教室リターンズ

第2章 耳のしくみと働き

耳の解剖

耳は大きく分けて、外耳・中耳・内耳に分かれます。(図1)

外耳は耳介から耳の穴を形成している外耳道までを指し、その突き当たりには鼓膜があります。

中耳は、この鼓膜とその奥の骨で囲まれた部屋(鼓室といいます)でできています。鼓室では耳小骨(鼓膜側から ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が3つ連なっていますが、その1番外側のツチ骨は一部鼓膜とひっついています。また、鼓室には空気が入っており、耳小骨は小さな靭帯で支えられながら、空中に浮いています。アブミ骨は鼓室に開いた内耳への穴(内耳窓)にはまりこんでいます。鼓室からは鼻咽腔(鼻の奥)につながる管が伸びており、耳管といいます。

内耳は蝸牛(かぎゅう)といわれる音の情報を電気信号に変換するところと、三半規管などの平衡感覚を司るところが合体してできています。

各部の働き

音が聞こえるまでの経路と各部の役割について解説します。

外耳は外から入ってくる音を集め、効率よく鼓膜に伝えます。(図5)

中耳は音(空気の振動)という情報を鼓膜で捉え、鼓膜の振動という機械的な信号にし、耳小骨を介して内耳に伝えます。

内耳は耳小骨の情報を電気信号へと変換します。そこから聴神経を介して電気信号が大脳に伝わり、音として感じることができるのです。

耳管は鼓室と鼻咽腔をつなぐ管で、とても重要な働きがあります。(図6)

それは、鼓室の換気をする働きです。鼓室は耳管から鼻腔を経て外界とつながっており、大気が耳管を経て鼓室にはいることによって、大気圧と鼓室の気圧を等しくします。

つまり、鼓膜は外側にも内側にも空気が入っており、その内外の気圧が等しいときに、気圧の差によってどちらにも押されることがないため、最もよく音を伝えることになるのです。

第1章 はじめに 第3章 耳管の働き

お母さんのための滲出性中耳炎教室リターンズ

小児滲出性中耳炎アドバンスト

ここからはじまる小児滲出性中耳炎の新しい診療

このページのトップへ